子育て情報 > 子どもの安全

子どもに携帯電話を持たせるとき

 大人にとって携帯電話は、なくてはならない存在になっているのではないでしょうか。子ども達も高校生位になると、ほとんどが“自分の携帯電話”を持っているようです。また、最近では中学生、なかには小学生でも持っている子どももみかけるようになりました。
 確かに携帯電話はとても便利なものですが、使い方を一歩間違うと、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまう危険性もあるようです。
 子ども達が巻き込まれやすい携帯電話のトラブルについて、青森県消費生活センター主任相談員 横内艶子さんにアドバイスしていただきました。
 


携帯電話を持たせる適切な年齢というのはあるのでしょうか。
 むずかしいですよね。いつがいいということは、なかなか言えないと思います。子どもの居場所がチェックできるGPS機能がついた携帯電話もあるし、最近は塾通いの子ども達が増えていますので、連絡して迎えに来てもらうという使い方もありますからね。
 
必要があって持たせるぶんには、年齢は関係ないのではないかと思っています。問題は使い方ではないでしょうか。

子どもに携帯電話を持たせるときの注意点を教えてください。
 まずは、目的をはっきりさせるべきではないでしょうか。親は「持たせる理由」「持たせたくない理由」を、子どもは「持ちたい理由」をはっきりさせるということです。
 それと、持つ以上は
使用上のルールやマナーを守ることは特に大切だと思いますね。学校に持って行っていいのか、悪いのか。学校のルールはあるのか。電車やバス、病院の中での使い方など、親子で話合って約束事を決めておくといいのではと思います。
 また、使いすぎを防ぐには最初から使用の上限額を決めて上限を超えたら使えなくする、あるいはお知らせがくるという契約や設定もできるので利用するのもいいでしょう。上限設定しても、警察などへの緊急電話はできるし、電話を受けることもできますので、そんなに不便ではないと思います。
 それから、トラブルに巻き込まれないための事前の対応としてフィルタリング機能の設定があります。同様機能については携帯電話会社各社にありますので電話会社にご相談して、子どもに見せたくない情報を受付けないようにするのがいいと思います。
 着メロや待受け画面などのサイトを利用する時は、利用規約をきちんと読むことも大切です。サイトはお店と同じなので、入り口でお金がかかるのか、かかるとしたら支払い方法はどうするのかなどをよく確認してから一歩踏み入れるということも話して下さい。
 今はネットトラブルで子ども達が被害に会うことが多いので、親も携帯電話の操作方法や、子ども達がどのような使い方をしているのか、ある程度知っておいた方がいいと思います。親も携帯電話から得られる情報にはどんなものがあるかを勉強しておくべきですね。

子どもが巻き込まれやすい携帯電話のトラブルは、どのようなものでしょうか。  
 子ども達が携帯電話を持つようになってから、ここ消費生活センターにも子どもの携帯電話トラブルが多数寄せられるようになりました。その中の90%くらいがアダルトサイトに関する相談です。
 具体的には、「雑誌広告を見て興味本位でアダルトボイスに電話してしまい、料金を請求された。」、「着メロサイトにあった広告に『タイプの女性と会える』とあったので軽い気持ちでクリックしたら、『登録完了』画面になり高額請求された。」、「有料サイト業者から請求の電話があり、住所や名前、年齢、親の名前を聞かれて個人情報を教えてしまった。」などの事例が寄せられています。
 それから、友だちに携帯電話を貸したらアダルトサイトにつなげてしまい、登録料を請求されたという事例もありました。
 また、子ども自身はそんなに使っている認識はないのに、携帯電話会社から高額な請求を受けたという相談も若干あります。通話はそれほど利用していなかったのですが、パケット通信をけっこう利用していたんですね。パケット通信料は、時間ではなく情報の量によってお金がかかるんです。特に画像をダウンロードするとけっこうパケット通信料がかかるんですよ。使うたびに金額が出ないので気がつかないうちに高額になっていることもあるんですよ。

携帯電話のトラブルに巻き込まれてしまったら…。
 まず、一番大切なのは、一人で解決しようとしないことです。まずは、親、それから携帯電話会社や消費生活センターなどに相談することです。多分、子ども達は友だちにはすぐ相談するんでしょうが、その友だちの情報が間違っていたらたいへんなことになります。子どもに対して責任を取れるのは親ですし、ちゃんとした情報をもらえるところに相談するのが一番です。
 もし子どもに相談されたら、「どうしてそこを知り、どういう状況でどこにつながって、請求がきたか。」など、最初から全部聞いてから関係機関などに相談して下さい。詳しい状況を聞くことで、トラブルに至るきっかけや経緯を知ることができるし、今後の被害防止にも役立ちます。
 子どもに限らず最近は、ほとんどの方がお金を払う前に相談してくださいますが、中にはちょっと後ろめたい気持ちがあって払ってしまう人もいます。しかし、お金を払えば終わるのではなく、逆に「払える人」と思われて狙われるようになります。
 携帯電話のトラブル対策は、登録していない番号や知らない番号、非通知の番号には出ないこと。知らない相手からのメールにあるURLはクリックしないこと。また返信しないこと。「友だちが番号変更したかな。」と思って出てしまったり、間違って出てしまっても、個人情報は絶対に教えないこと。すぐ切ること。
 一度トラブルに巻き込まれると情報が漏れ、いろんなところから電話がかかってきます。そのようになったら
番号変更のご相談をお勧めします。1,500円から2,100円で番号を変えられる業者もありますので。また、迷惑メールが増えた場合はメールアドレスを変更しましょう。一文字変えるだけで、別人になれますので。
 なによりも、アダルトサイトなどにはアクセスしないようにするのが一番ですが、難しいですよね。「あれもこれもだめ。」と言うだけではトラブルは防げません。その上、アダルトサイトのトラブルは年齢や男女を問わずたくさんあります。たいていの人が「ここをクリックしたらどうなるのかな?」という、ちょっとした好奇心で引っかかるようになっているんです。万が一変な画面につながってしまっても慌てないことです。

ワンクリック詐欺
 このところ、一回クリックしただけで『登録完了しました』という画面が出てくるサイトが増えました。それは、アダルトサイトだけではなく、着メロや待受け画面のサイトでもあるようです。『×日以内に○万円を△△にお支払い下さい』『お問い合せはこちら』『退会はこちら』などと出るんですね。子どもは正直なので、『お問い合せ』を押して「間違って押しました。」などとメールしてしまう。それでアドレスが知られてしまい、請求のメールがくるようになるという手口なんです。クリックしただけで、そのような画面になるように設定しているだけなんです。そのような画面が出ても驚かないで、とにかくすぐ電源を切るようにしてください。 

ひとこと…。
 子どもは、未成年ということで法律で守られています。未成年は契約の取り消しができます。しかし、お金がかかるとわかっていて有料サイトにアクセスして、「払わなくてもいいんだよね〜。」というのは悪質です。こんな悪い知恵は子どもにつけさせたくないと思います。 
 携帯電話を持っていれば、子どもも大人も同じようにいろいろな情報が入ってきます。また、有害サイトなどはフィルタリング機能をつけたり、ドメイン指定(アドレスの@以降を指定する)しても、完全なものはありません。使い方を考えたり、自分自身で守るしかないんです

 親は、安心や安全のために子どもに携帯電話が必要かなと思ってても、子ども達の使い方は必ずしもそればかりではないようですね。もし、お困りのことがございましたら、消費生活センターに相談してみてはいかがでしょう。
 消費生活センターでは携帯電話のことに限らず消費生活の様々なことの相談に応じています。また、消費者啓発・教育な関する講座も開催しています。
 詳しくは、『青森県消費生活センター』のホームページをご覧下さい。
                             http://www.aca.or.jp/