子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

ノロウイルスに気をつけよう

 暑い季節も過ぎ、日に日に秋らしくなってきました。体に貯まった“夏の疲れ”も、さわやかな気候とともにだいぶ和らいできたのではないでしょうか。
 今年の夏は、インフルエンザ(季節はずれ!?)が流行っていましたし、蜂に刺される被害も例年になく多かったようです。また、虫刺されでも異常に腫れて病院に通う人も多かったようですね。
 みなさんのご家庭ではいかがでしたでしょうか?

 本格的な冬に向かうこれからの季節に、近年増加傾向にある“胃腸炎”をご存じでしょうか?そうです「ノロウイルスによる感染性胃腸炎」なんです。「ノロウイルス」に感染すると、特に高齢者や、幼児は重症化しやすいとのことです。
 これからの季節も“ノロウイルス”などに注意して、家族が健康で過ごせるように気をつけたいですね!
看護師
■ノロウイルスとは?
 ノロウイルスは電子顕微鏡でしか見えない、ごく小さい球形のウイルスです。以前から存在していたと考えられますが、ウイルスの性質が明らかになったのは近年で、平成9年より新たに食中毒の原因物質に加えられるようになりました
■どうやって感染するの?
 ノロウイルスに汚染されたカキ(二枚貝)などの食品を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合に感染すると考えられます。
 またノロウイルスは人の腸内で増殖し、ごく少量のウイルスで感染する性質がありますので、感染者・患者などの大量にウイルスが含まれた便や吐ぶつなどから人の手や水などを介して感染が広がります。
それ以外にも氷、果物、刺身やサラダなどの加熱されていないさまざまな食品での感染が生じており、人から人への感染も報告されています。

ハンドソープ
■ノロウイルスの感染の特徴
  • 少量で感染し(10~100個の接種)発症率が高い。
  • 主に食品を通じて感染するが、人から人へも感染する。
  • 感染者がすべて発症するわけではない。
  • 食品で増殖するわけではないので食品の鮮度に関係なく感染する。
  • 何回でも感染する。
■主な感染源
  • カキなどの二枚貝(他にアサリ、ハマグリ、シジミ、ムール貝など)
  • 手に付いた患者の便(配膳直前に触れたものを介して)〈きれいに洗ったつもりでも、ウイルスは残っていることがあるんですね〉
  • 非加熱食品(ウイルスに汚染された水・調理具を介して汚染)
  • 患者が吐いたもの
■感染するとどうなるの?
ノロウイルスの潜伏期間は、24~48時間です。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢(水様便)、腹痛で、発熱は軽度のようです。他に頭痛、上気道炎など、風邪に似た症状もあるようです。 
これらの症状はおおよそ1~3日で収まりますが、便には2週間ほどの間ウイルスが含まれていますので、感染者は手洗いや入浴の際に十分な洗浄が必要です。また家族など身近な人も十分清潔を心がけたいですね。
現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス薬はありません。免疫力の弱い乳幼児や高齢者は症状が重くなることもあり、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。
■ノロウイルスを予防するには
ノロウイルスは十分に加熱することで滅菌できます。ですからカキなどを生食するときは必ず「生食用」にし、それ以外は食品の中央まで火を通して食べましょう。
調理の前には十分に手を洗い、カキなどを調理した後の調理具は洗浄・殺菌(85℃以上の湯で1分以上加熱するか、塩素系漂白剤による殺菌が効果的)をしましょう。

ハンドソープ
■家庭ではこんなことに気をつけましょう!
  • 手はこまめに洗う
    カキなどを扱った際には石鹸などで十分に手を洗いましょう。もちろんトイレの後や赤ちゃんのオムツを扱った際にも十分な手洗いと消毒を!
  • 調理器具をわける、十分に洗浄する
    魚介類などを扱った調理器具と、生のまま食べる野菜などとでは、調理器具をわけるか十分に洗浄するようにしましょう。
  • 生ものの取り扱いは慎重にする
    例えば、生ものをザルに入れて水洗いした場合、水切りをしたときに周囲の調理器具や水道の蛇口にはねが飛ぶ可能性があります。ノロウイルスに限らず、そのようなことから食中毒が発生することがあります。
  • フキンは十分に消毒を
    お手拭きや食器拭きに使用したフキンは洗剤で洗うだけでなく、熱湯や塩素系漂白剤で消毒をし、日光に当てるか乾燥機で十分に乾燥させて使用するようにしましょう。
    ※十分な洗浄後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤:塩素濃度200ppm)で浸すように拭くことでウイルスを殺せます。
ウイルス対お薬
ノロウイルス食中毒の発生件数は11月くらいから増加し、1~2月がピークになることが多いそうです。同じくこの時期は他にもインフルエンザなどの様々な感染症が発生します。
上記の“家庭ではこんなことに気をつけましょう!”を励行してウイルスに負けないようにしたいですね!
青森県内(地域別)の感染症発生情報が詳しく公開されています。
青森県感染症情報ネット
このページは厚生労働省の情報をもとに作成しています。
  • -
  • -