子育て(得)情報

五戸町 子育てHoT Center あ・そ・ぼ

 五戸町で19年6月にオープンした「子育てHoT Center あ・そ・ぼ」は、子どもたちの元気な声でとってもにぎやかです。

05.gif

おじゃましたこの日は、「子どもが新聞紙を自分の大きさに切る」、という遊びで盛り上がっていました。

DSCN2303-3.jpg
Pim0002-5.jpg:::::::
「こんなにちっちゃかったんだ
よ。」 って、記念にもなるね。
Pim0001-3.jpg  子どもたちが遊ぶものは、ほとんどが手作りです。お金をかけずとも工夫次第で、遊びは広がります。
 
他にも小麦粘土(小麦をこねて食紅で色を付けたもの)で遊んだり、スーパーのチラシを切ってお買い物ごっこなどの企画がありました。
←小麦粘土

05.gif

センター長の金澤さんの手遊び、歌遊びに子どもたちは笑顔いっぱい!
 幼稚園の教諭、県の子育てメイトの経験をお持ちの金澤さん。楽しい遊びの紹介はもちろん、若い母親の相談にものっています。また、その幅広い人脈から、保健師と連携をとった対応をするなど、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」の持つ役割は大きいようです。
 「活動は、子どもと楽しめる時間とともに、お母さん同士がおしゃべりする時間も取れるように配慮しています。」
DSCN2312-2.jpg
DSCN2320-2.jpg
スタッフの大澤さんの絵本の読み聞かせにかぶりつき!

 「絵本が大好き」という大澤さんは、ボランティアで、「あそぼ」や「放課後子どもクラブ」で子育てのお手伝いをしています。
 「『趣味』は子ども、なんて言ってるんですよ。子どものためというよりも、自分が楽しいから」と笑って話してくださいました。子育てに関する講座などで勉強も続けている大澤さん。子育て中のお母さんたちの力強い味方ですね。

05.gif

「助けてください。」との声から、
まちづくりグループ「G-five-door
が動いた!
 主催するのは、五戸町のまちづくりグループ「G-five-door」(ジー・ファイヴ・ドア)です。
 当時、五戸町で自主的に活動していた子育てサークルには、決まった活動場所がなく、メンバー数も減っていっていた状態でした。町で行なったアンケートに、そのメンバーから
「助けてください。」との声。
 「G-five-door」のメンバーの金澤さん、大澤さんを中心に、行政からは、公民館の場所を無料で提供してもらう、情報を町の広報に載せてもらうなど、バックアップをしてもらい、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」は誕生しました。

 そして、五戸町子育てメイトの皆さんをはじめ、子育てサークル「チビッコクラブ」や、ボランティアの方の協力に支えられ、運営されています。
DSCN2344-2jpg.jpg::
「G-five-door代表
   赤坂喜美さん
「行政をはじめ、皆さんの
ご協力のおかげです。」

子育てしやすい町。みんなが住みよい町。
まちづくりグループ「G-five-door」が願うこと。
 現在も、ボランティアで、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」に遊びに来てくれるおばあちゃんもいます。お手製のボールを子どもたちに遊びに使って欲しいと提供してくれるおばあちゃんもいます。世代を超えた交流があります。
 「これからは、おじいちゃん・おばあちゃん、定年退職した方、障害を持った方も加わり、みんなが集える場所になればいいですね。」
 子どもたちのにぎやかな声の陰には、彼女たちの人脈と工夫がありました。町を自分たちでつくっていこうという想いと、それをサポートする行政との信頼関係が、子育て世代を支えています。

「『あ・そ・ぼ』はだれでも受け入れています。お気軽に遊びに来てくださいね。」

05.gif

:::::DSCN2357-2.jpg::::
廃品を集めて作った看板。
こんな所にも工夫が詰まっています。

「子育てHoT Center あ・そ・ぼ」

場所:五戸町立公民館 
  青森県三戸郡五戸町下モ沢8-2
電話 0178-62-5111

開催日:毎週月曜・木曜
   (公民館の休館日を除く)

お問い合せ:五戸町役場企画振興課
電話0178-62-2111



  • -
  • -