子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

case3:自宅でお店を始めてみる

           
             
  case3title.gif 
 
            
             
 

 
  ●再チャレンジしようと思ったきっかけは?

 
 主婦業と育児業でのストレスもあり、外で働きたかった。子どもを連れて一人で青森に帰ってきたが、小さな子どもがいても選べる職種がほとんどなかったことから、自分で家でできる仕事を作ろうと思った。
           (→スリングショップ「赤猫」)
 

 

  ●再チャレンジしてみる前と、してみた後で。

   家族には「一つも売れるわけが無い」と言われていた。でも、自分の中では「良い物」を作っていれば、広まるのではないかと思っていた。
 
   資金繰り等の「経営知識」や、ネットショップを作る知識が無かったため、不安もあった。なんとなく希望があっただけで、とにかくやってみるしかない、という思いだけだった。
   
   まずオークションで細々と売り始めた。最初は仕入れに必要な分だけの売り上げだったが、口コミでだんだん広がった。1年後にはスリングよりも、手間のかかるおんぶ紐の方が売り切れに。誰もが簡単に作れるものよりも、誰かが求めている手間のかかるものの方が売れるのだとわかった。
 

 

  ●再チャレンジしたら、予想外に大変だったこと。 

 

   顔の見えない取引だけに、いろいろな苦労があった。
 
   そして、仕事に打ち込めば打ち込むほど、子どもがかまって欲しがるため、どちらを優先するべきか悩むことがよくある。
 
   また、実際の経営知識などが足りないため、もっと勉強したいと思うのだが、その時間が取れなくなってしまった。 
 

 
             
 

  mg.gif
 
 

             
     C子さん
   
  ●県内出身30代ママ
 
  ●維新派という劇団所属、役者&小道具を兼ねつつ、10種類以上のアルバイトを経験。
 
  ●出産の2年後、地元の仲間を集めてWEBショップ設立
 
  ★スリングショップ
   赤猫-akaneko- →HP
 

             
 

  6255727_th.jpg 

 
  赤猫の大人気「おんぶ紐」 
 
            
             
 

 
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif 

 
             
             
 

  あなたにとって、「再チャレンジ」とは?
   ikiruimi.jpg 

 

   自分で仕事を作ることができた。
   自分の力で生きていくことができるようになっ
   た。
   人とのつながりを強く意識するようになった。
 
   友達の助け。お客さんとのつながり。人とのつながり。初心を忘れないこと。心を忘れないこと。
 
   自分の中で、大事なものを忘れてしまうと、知らず知らずのうちにお客さんにも伝わっているようだと気付きました。
 
   ただ売るために働くのではなく、誰かの役に立つために働くことが大事だと思いました。
 
 
            
             
 

  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
  w-dots4.gif
 

 
             
  i 
             
 

  再チャレの秘訣は、ズバリ!
   jibunnoomoutoorini.jpg 

 

   夢はたくさんあります。子どもを産む前に建築の勉強をしたかったので、いつかそれができればと思っています。
 
   でも、今は、障害のあるお子さんのためのおんぶ紐や役立つもの、など、一人ひとりのためにできる何かを作りたいと思っています。
 
 
 

  「case4:資格取得を目指してみる。」を見る→ 

 

  ← 「特集:いつでも、何度でも。」 トップページに戻る 

  • -
  • -