子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

思春期のミカタ(4) 「春」を「思」う「時」に。

            
 

  3;「」を「」う「」に。  

 
 
 
             
 

             
3kuroma_6.gif の味方             CONTENTS         

   

 

  1●親のための「思春期講座」を受ける。

  「コミュニケーション術」を身につける。 

 

  3●“私はこうして乗り切った!” 「先輩の体験談」を読む。 

 

  4●子どもの春をじっと見守る。「春」を「思」う「時」に。 

 
 

   

 
 
 
 

   

              
             
 
 

  1●親のための「思春期講座」を受ける。 

 

   

               
             
 
 

   「子育て」と言うと、ついお乳幼児をのお守りをイメージしがち。うちの子はもう一人で留守番も買いものも大丈夫・・・。でも実は、思春期の「子育て」こそ、親の在り方がとても重要らしい。
 
   思春期を知る。子どもの置かれた環境や心境、親の対応の仕方を知る・・・。正しい情報を知ることで、子どもを見る目が変わるはず。
 
 あなたの家の近くで、もしくは家事の合間にお茶でも飲みながら、「思春期講座」受けてみては?  

 

 
 
  ■地域の「子育てサポートセンター」の思春期講座 
 
                               
             
 
 

   青森県の各市町村では、青森県家庭教育推進協議会から委嘱を受けた「子育てサポーター」が さまざまな子育て講座を企画している。思春期の親を対象とした講座も多く、原則として受講料は無料(託児付)。
 
   詳しくは お近くの「子育てサポートセンター」にお問合せを。身近な「思春期」の子育てのヒントが、見つかるかも。
 

 
             
 
 

  過去の例 >>
 
  ・私の気持ち、あなたの気持ち、上手く伝え合うには…
  ・思春期保健シンポジウム
  ・家族で考える携帯電話?何が起こっているの?どうすればいいの?
  ・思春期の心理と親の役割     
などなど・・・ 

 
      平成20年度から協議会・子育てサポーターの活動内容が変わります。 
 

 
 
  ■自宅で空いた時間に「Eラーニング講座」
 
 
               
             
 
 

   「どこかへ出かけて、お勉強なんてイヤ!」という方には、自宅のパソコンから見られる動画講座が! 

 

   家事の合間に、深夜の息抜きタイムに。いつでもコーヒー1杯分の時間ですぐ見られると好評。わかりやすい言葉と優しい語り掛けに、子育ての悩みが解けていくよう…(閲覧は無料ですが、通信費はご負担下さい)。 

 

  ●閲覧方法⇒「すこやか子育てあおもりネット」のトップページから、左メニュー内の「子育て学習」をクリックして、開いた画面内の「子育てワンポイントアドバイス」をクリックすると、メニューが開きます。お好きなタイトルをクリックすると、ご覧になれます(音量にご注意下さい)。 

 
 

  FILE NO.1★「思春期は子育てがしんどい
  -不登校・摂食障害などをめぐって-  臨床心理士 蝦名享子 さん
 

 

  1 思春期とは… 
  2 思春期にクリアしておくこと
  3 思春期によく見られる心の問題
  4 不登校の6つのタイプ 
  5 不登校の臨床経過
  6 摂食障害
  7 子どもの心の問題に気付いたら
 

 

  FILE NO.5★「子どもの自信を育てるために(小学生編)
  ?できることの積み重ねから?  弘前大学教育学部助教授 小林央美 さん 

 

  1 小学生の時期は
  2 「私はできる」ということを学ぶ
  3 劣等感を上回る有能感を育てる
  4 事例1 お腹が痛い1年生のA子さん
  5 100点を取れなかったらどうしよう
  6 子どもの聞き役に徹する
  7 困ったことを解決するプロセスを大事に
  8 事例2 「私、頭悪いから」という6年生のB子さん
  9 できることの積重を大切に
 

 

  ・・・他にもすぐ聞けてためになる子育てのヒントがいっぱい! 

 
 
 
 
              
             
 
 

  2●「コミュニケーション術」を身につける 。 

               
             
 
 

   子どもの気持ちを聞きたいと思うのに、いつもお説教になってしまう・・・。親の気持ちを伝えたいと思うのに上手く伝わらない・・・。思春期の子どもとの関係に、イライラしたり、ストレスを感じているお父さん、お母さん。
 
   どうしていつもこうなる?そう思ったら、まず自分の表現を変えてみては?自分が変わると子どもが変わる!県内各地の「コミュニケーション術」の教室をいくつかご紹介。
 

 

  ・親業【青森】・ハッピーコミュニケーション【弘前】
                           
 

 
  s_5.gif 【親業】
  

 
 

 
  《青森》
  

 
 

  ■相手とココロがつながる
  コミュニケーションのワザ

 
   「聞く」「話す」「相手との対立を解く」の3つの方法を基本にしたコミュニケーショントレーニング『親業』は、子どもに限らず、ひととの関係を上手く保つのが苦手な方でも楽しく学べる方法です。
 
   相手の気持ちも、自分の気持ちも大切にする人間関係を一緒に築いてみませんか?
 

 
 

   
 

 

       

 
               
 

  img040.jpg  

 
   img041.jpg 
   ●問合せ申込み

  あおもり親業研究会事務局 幸伸保育園内 代表 中村伸吾

  TEL 738-2111
 
                       
 

 
  s_2.gif 【ハッピーコミュニケーション】

 

 
 

         
  《黒石・弘前》
      

 
 

  ■家庭でも・学校でも・職場でも
   ハッピーライフ 思いを伝えあう
  コミュニケーション上達法
 

 

   コミュニケーションのキーワードは「つながっている思い」「勇気」「勇気づけ」「相手の思いを受けとめる聴き方(で聴く)」「私の伝えたいことを伝わるような伝え方(で伝える)」。
   前向きでハッピーになり、人間関係や生活に役立ちます。事例や課題を中心にコミュニケーションの実践法を学びます。
 

 

  場所:弘前市総合学習センター
  毎月第二・第四火曜日 午後6時30分
 
  メール/ kokoronoeki_narumi*yahoo.co.jp
  (スパム対策のため
  @を*に変えて表示しています)
 

 
               
 

  img009.jpg 

 
   img010.jpg 
 ●問合せ・申込み

  みちのくエンカレッジの会 心の駅・なるみ主宰 カウンセラー 鳴海敏之

 
  TEL090-7933 2411
 
 
 
 
 
 
              
             
 
 

  3●「私はこうしたよ。」先輩たちのワンポイントアドバイス   

 

  最大の秘訣は、「黙って見守る」! 

               
             
 
 

  ・いちいち指示しない。
  ・口を出さない。
  ・話を聴く。
・肩の力をぬく。距離を置いて見守る。
  ・子どもとの約束はちゃんと守る。
  ・最後まで付き合う。
  ・子どもが本気の時、親が真剣にきちんと向きあう。
・不安な時は、大丈夫だよ、と言葉や態度で伝える。 

 

 
 

  ■誰でも悩むのが、思春期。乗り越える力を育てよう。 

               
             
 
 

  ・どの子も悩むのが思春期。悩んでいるのは一人だけではなく、周りのどの子も、その子なりの悩みを持っていると伝える。 

 

 
  ・これから生きていく上で、もっといろんな悩みを経験していく。解決できない悩みも、人に聴いてもらったり、気分転換をして「解消する」力を身につけさせる。
 

 

  ・子どもの役目は、遊んで、学んで、“失敗して、悩んで”、育つこと。親の勤めは“子どもを一人前(一人の大人)”に育てること。 

 

 
 

  ■親の勤めは?親にできることは? 

               
             
 
 

  ・生活の環境・リズムを整えてやること。
  ・食事作りと健康管理、基本的な社会的ルールと善悪の基準を教える(しつけ)。
 

 

 
  ・携帯電話ほしい。外泊したい。子どものおねだりもダメなものはダメ。他所が良くても、うちはダメ。 

 

 
  ・そっぽを向くのも反応のうち。「おはよう」「お帰り」の挨拶や「最近どう?」などの声掛けを続ける。“ここであなたを見ているよ”のメッセージとして。
 

 

  ・たとえ子どもが興奮して声を荒げても、親はあくまで落着いて、声のトーンを控えめに、静かに話す。
 

 

  ・子どもに聞くのではなく、親同士のネットワーク・情報網を作って、子どもの環境を知る。
 

 

  ・子どもに家庭で勉強以外の役割を与える。
 

 

  ・時には子どもと二人で旅に出て、日常と違う環境で将来について話し合う。
 

 

  ・学校に行かなくなった子どものため、犬を飼って世話をさせた。  

 

 
 
 ■子どもに恋人ができたみたい。恋の目覚めは嬉しいけれど。 
 
   
               
             
 
 

  ・息子に彼女ができた頃、様子を見て一度「男の子と女の子は違う。自分の姉がされて困るようなことは、付き合っている女の子にもしたらダメ!ずっと人の記憶に残ること。男ができることを考えて、一生恥ずかしくない付き合いをしてね」と話した。 

 

 
  ・娘に「お母さん、生理が来ないんだけど」と相談され、お父さんには内緒で彼氏も呼んで、「相手を大事にすることは、自分も大事にすること」「学生で命の責任が取れますか」ときっちり本気で話し合った
。その後生理は来たが、いい機会だったと思う。
 

 

  ・「好きということ」「付き合うということ」「体のこと」普段の会話の中で話し合い、「自分を大事にして」と伝える。 

 
 
 
 
 
              
             
 
 

  4●子どもの春をじっと見守る。「春」を「思」う「時」に。 

               
 

  思春期。
 
  大人として異性を大事に、自我が芽生える時。
  それはまるで春を待ちながら、
  厳しい冬を乗り越えようとする、
  2月の若い樹木と同じ。
 

 

  思春期は、子どもたちが、それまでの親子関係に
  「サヨナラ」をする季節。
  もうすぐ、一皮むけた、新しい子どもとの関係が
  「コンニチワ」する
  大事な、楽しみな季節のようです。
 
  それまでにしっかり我が子を受け止めて、
  手を離して、そして目をかけて。
  巣立とうとする子どもの背中に、
  たくさんの言葉にならない「アイシテル」をしておきましょう!
 

 
 

   


 
 
woman_14.gif 
 
 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
 
  • -
  • -