子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

【子育てMAP】書を捨てよ。地図を持って、街に出よう!

   もう持ってる? あなたの街の「子育てマップ」



●子どもと一緒にドコ行こう?!
地図を片手に、
 ベビーカーや
チャイルドシートで…
hito_6.gif

あたたかな春風に誘われ、ママも子どもも、気分はどこかウキウキ・・・そんな時、あなたの街の「子育てマップ」を片手に、出かけてみませんか?

sora.gif

sora.gif


●あんなところに
 いい遊び場があるなんて
知らなかったな?♪

hito_10.gif
 「子育てマップ」とは、子育て家庭が出かけやすいように、主に子育て関連の施設や、公園、保育施設などが載っている地図。「駐車場」や「トイレの有無」なんかも書いてあるから、ありがたい!



  どんなもの? どうつかう? どこでもらえる?


◆弘前市 『子育て応援マップ』 

NPO法人の弘前こどもコミュニティ・ぴーぷるが弘前市の協力を得て作成した「弘前市全域・子育て応援マップ」。表紙には「街で役立つベンリな情報が満載」とあります(右画像)。

具体的には市を中央部、北部、西部の3つに分け、「役場窓口」「病院・健康」「文化・学習」「遊び場・運動場」等についてカラフルに表示しています。「レジャー・観光施設」や「ショッピングセンター」なども掲載。

駐車場やトイレだけでなく、「授乳スペース」や「オムツ替スペース」の有無も載っているので、チェックしておくといざという時助かります。裏表紙には「子どもに関する相談窓口」一覧も載っています。
弘前MAP1
問合せ⇒弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる
  TEL/FAX 0172-34-0171

◆五所川原市『子育てバリアフリーマップ』

 五所川原の健康推進課が、NPO法人子どもネットワークすてっぷに協力してもらって作ったのが、右の「子育てバリアフリーマップ」。五所川原区・金木地区・市浦地区の各地区ごとに情報をまとめ、平成19年3月に発行しました(20年度にはこの冊子から抜粋したものを作成予定)。

「子育て支援センター」を始め、「公園」「病院・歯科医院」「保育園・幼稚園」、そして「お出かけスポット」など紹介(許可を得たもののみ掲載)。「利用料の有無」や「駐車場の規模」、「公園の日かげや遊具の種類」など、ワンポイント案内も丁寧に書いてあります。

折りたたむとポケットサイズなので、ママバッグの隅に入れておくと良いかも。

1 五所川原MAP1

2 五所川原MAP2

3 五所川原MAP3

問合せ⇒五所川原市 健康推進課
  TEL 0173-35-2111

◆むつ・下北 子育て支援ガイドブック(仮)

PO法人むつ下北子育て支援ネットワークひろばによる「子育て支援ガイドブック」は、平成20年4月中に完成予定。現在追い込み段階に入っているそうです。下北の皆さん、乞うご期待!
now printing.GIF

 

◆青森市 子育て冊子「LET'S元気!Vol.5

 『あなたはどの地区?』のコーナーの中で、「全地区マップ」「早見表」「地域子育て支援センター・認可保育所(園)」などについて紹介されています。

そのほか幼稚園・小児科・耳鼻科・歯科の紹介、お出かけスポットなども掲載。主に第1子を妊娠した方や、4歳未満のお子さんを持つ転入家庭の方などに配布されます。

また、こども支援センターでは、上記のほか、より詳しい地域子育て情報が入手できます。 まだ見ていないという方は、ぜひチェックしてみて!


●知っトク!ミニ知識


■青森県健康福祉部こどもみらい課の
パパ・ママ・ナビあおもり」 には・・・

「青森県内産科医療機関マップ」
⇒掲載が許可されている産科医療機関を、市・郡名から検索することができます。



  マップを「見る」⇒あなただけの地図を「創る」へ。 


●子どもと暮らす街 あなたが子どもと創る地図

 
小さな子どもを連れて出かける先には、ベビーカーを押すためスロープやエレベーターが嬉しかったり、オムツを替える場所が必要だったり。

  「子育てマップ」を見ていると、自然とバリアフリーの視点で、街に“あるもの”“ないもの”“あったらいいと思うもの”が見えてきませんか?そんな希望も自分でちょこっと書き込んでみては?

 そして子育てサークルなどで、「ここに○○○が欲しいよね」と話してみてはいかがでしょう。あなたの「必要」は、みんなの「必要」なのかも・・・。

 みんなの声が集まれば、この街がもっと“優しい街”に変わっていくかもしれません。

 
●想い出の絶景ポイント 時間と空間が出会う場所

 もちろん、あなたと子どもが実際に、地図上の場所に行ってみた日付や感想を、ちょこっと書きこんでみるのも楽しいですね。あなただけの「絶景ポイント」や「想い出の場所」を書き足して。写真と一緒にアルバムに挟んでおけば、ずっと時が経っても、また足を運びたくなる、あなただけの懐かしい宝の地図ができあがりです。

 さあ、こうしてはいられません。明日はマップを持って街に出ませんか?春だから・・・子どもと一緒に!
  • -
  • -