子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

障がい児の親になるということ??大学生ボランティアサークル「テディ」

           
             
  「今日は何して遊ぶ?」  
 
            
   青森県立保健大学のボランティアサークル「テディ」は、障がいのある子と一緒に遊ぶという活動をしている。週に一度、子どもたちに大学に来てもらって、スポーツしたりスーパーに買い物に行ってみたり。子どもたちがやりたいと言ったことを一緒に楽しんでいる。 
            
    

  dream14.gif 

 
            
   サークルのメンバーは全員保健大の学生であるが、全員が障がいを持つ子どもを専門に勉強しているわけではない。専門の勉強をいかして子どもたちに何か特別なことをしようというのではなくて、楽しい時間を過ごすことが目的のサークルだ。 
              
   ほとんどは子どもたちに「今日は何したい?」と聞くが、「今日は天気がいいから近くの公園に行ってみようか。」と誘うこともある。
 
   特に決まり事のない気軽な雰囲気は、本当に遊び仲間のようだ。子どもが「トランプやりたい。」とトランプをもってきたりする。お兄さん、お姉さんと一緒に遊ぶ、この日を楽しみしているようだ。
 
 
             
 

  dream11.gif 

 
 
            
    

   

             
  「子どもの成長を実感します。」  

 
 
            
   現在3年生の川添さんは「子どもたちと遊ぶ」という内容が単純に「おもしろそうだったから」このサークルに入ったのだという。1年生の時から3年間活動してきた。同じ子どもたちとずっと関わってきて、その子どもたちの成長をとても感じるという。パニックをおこすことが多かった子が、学生の人間関係をよく見て、「この人はもうすぐ卒業するから、もうサークルに来ない。」と、寂しい気持ちを表してくれたこともある。このサークルに参加して嬉しいことだ。また、大学での福祉の勉強で行う、普段の実習とは違う経験ができることも、良かったという。 
              
                
 

  dream12.gif 

 
 
 
   外出先で子どもがパニックを起こしてしまい、困ってしまった経験もある。そんな時は、どんな対応をすべきだったのか考え、サークルの仲間と話し合ったりする。 
            
   現在は週1回の活動であるが、子どもたちが楽しめるように、クリスマス会や、誕生日会なども企画しているが、学生のスケジュールと重なることも多く、なかなか実現できないのだとか。
 
   これから社会へ出ていく大学生にとっても、また、普段は学校や施設などの決まった環境の中にいることが多い子どもたちにとっても、貴重な体験になっている。もちろん親にとっても、子どもが親の手を離れ楽しく過ごせる場所が増える、障がいを理解してくれる若者が増える、心強い大学生の活動だ。
 
            
    

   

                   
 

  青森県立保健大学ボランティアサークル「テディ」連絡先 

 
 

   mate_auhw2002*yahoo.co.jp
  (スパムメール対策のため、@を*に換えて表示しております。
  送信の際は*を@にしてください。)
 

 

 
            
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ「最後に」へ進む→  

 
            
 

 
  ←障がい児の親になるということトップへ戻る
 

 
            
 

   mattari-bana2.gif 

 

  • -
  • -