子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

障がい児の親になるということ??ひかりの岬こどもデイサービスセンター(弘前市)

           
  NPO法人「光の岬福祉研究会」ひかりの岬こどもデイサービスセンター (弘前市) 
            
   現在、登録している子どもはは40人弱。 1日の定員10名で9時から6時まで(学校のある日は放課後から)障がいを持った子どもたちの支援を行なっている。
 
   広々としたホールで、数人の子どもたちが遊んでいた。主に知的障がい・身体障がい・発達障がいをもった子ども達が利用している。動けない子と動き回る子、障がいの程度も様々なので、親との十分な話し合いがかかせない。
 

              
  hikarinomisakiasobiba.jpg   

  「あえて、おもちゃはたくさん出しておかないようにしているんです。」
  と所長の太田さん。
 
  『あのおもちゃで遊びたい。』
  『だからだしてほしい。』
  『どこにあるんだろう。』と
 
  子どもたちが考え、伝え、行動する事が、増えることを望んでのことだという。

 

 

            
  大きな差
  ?なかよし会(学童保育)や保育園に通えない障がい児には、フォローがない!
 
            
 
   以前、障がい児とは全く関わりのない職業に就いていた所長の太田さん。体育教師だった経験から障がい児の親子の体操教室に誘われた事がきっかけで、障がい児との関わりが始まった。
 
   一般に障がい児は、一般の保育園に入園することや、学校が終わった放課後に地域の学童保育に通うことが難しい。スタッフが足りない、設備がない、スタッフに専門的な技術がないことなどが理由となる。このような現状に大きな差を感じたことが、太田さんがこの事業を始めるきっかけとなった。
 
              
 
             
  ニーズの混在
  ?託児(預かり)と発達支援
 
             
 
   親が子どもを見られない間に預かる「託児」としての支援からスタートしたが、それだけを主目的とする支援のあり方に疑問を持つようになる。
 
   障がい児には、その障がいにあった「発達支援」もまた必要である。そういった意味で、児童デイサービスにはニーズが混在している。「その子にあった特別な支援を受けながら、子どもが安全に楽しく過ごせること、そして料金が特別高くないこと」。全て必要な要素だ。
 
   しかし、新しい自立支援法の中でも「児童デイサービス」はまだ確定されていない状況だ。多様なニーズ、揺れ動く枠組みの中で、この事業は転換期にあるといえる。
 
 
 

      otasan.jpg
          所長の太田さん 

             
  児童デイサービスがなくなることを願って
       ?自分の地域に居場所を。
 
 
   障がいのない子どもと同じように、障がいを持つ子も、住んでいる地域で、学校の余暇の居場所が確保されれば、託児としての「預かり型」のデイサービスは不要になる。放課後、遠くて特別な施設にわざわざ来なくてもいい。それが理想だ。「預かり型」を主たるニーズとする障がい児デイサービスが不要になることを願って、障がい児デイサービスをやっているというわけだ。
 
   実際に、障がい児たちが地域で暮らせるための援助もしている。この施設を利用していた自閉症の子どもが、学区の児童館のスタッフに障がい特性を理解してもらい、地域の児童館へ通えるようになった例もある。  
 
              
                   
 

  hiakrinomisakicard.jpg 

 
   言葉よりも視覚的な情報を理解しやすい子どものために作られた写真や絵、文字のカードが事務所の壁に。
   例えば、「帰るよ」と言葉で伝えるよりも、車などの絵や写真を見せることで、「帰る」ことが理解しやい。
   
 
 
 
             
  利用者がサービスを選んでいけるように 

 

   地域がこの子どもたちを受け入れ、サポートしてくれる体制が整ったとしても、専門的な発達支援のニーズは残る。
 
   現在も弘前市内の児童デイサービスは連携をとって、子どもの受け入れを協力しあっているが、今後はそれぞれの児童デイサービスが専門性を深め、それぞれの役割を担い、利用者が選んでいけるようになることが、理想であり、求められている。
 

 
            
             
 

  青森県健康福祉部障害福祉課ホームページ > 「障害者自立支援法」 各種情報 
  で、青森県内障害児児童デイサービスの情報がご覧になれます。
 
  「障害福祉サービス事業所名簿」
  (事業所の一覧がエクセルファイルで開きます。一番下の「児童デイサービス」というシートの見出しをクリックすると、児童デイサービスの事業所だけを表示できます。)
 
  「自立支援法障害児施設の利用請求関係」 
 

 
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ?
  「おもちゃ図書館「きんんたおうひろば」(むつ市)」へ進む→ 
 

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 
  • -
  • -