子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

思春期のミカタ(2)「ココロの味方」

           
 

    2 ; 思春期の 「方」    

 
             
             

 

 

   2-1kuroma_5.gif ココロの味方                    CONTENTS                

 

  いつも誰かが耳を傾ける keitai_7.gifチャイルドライン 

 

  ケータイ・ネットは味方?警察も地域の味方! paso_1.gif少年サポートセンター 

 

  自分の声で居場所を創る chair.gif 青森市こども議会 

 
 

 

 

 
   ●いつも誰かが耳を傾ける keitai_7.gif「チャイルドライン」 

 
 

 

                      
 

   

               
             
 
 

  子どもの本音は「ケータイ」で語られる 

 

   平成20年2月に青森市で行われた、「チャイルドラインフォーラム」。前年度『秋の全国フリーダイヤルキャンペーン』での結果報告書が資料として配られた。 

 

   期間中にかかってきた電話数は、全国で約65,000件。そのうち、半数以上が「携帯」からの着信だった。携帯電話が子ども達の間に定着している現状が伺える。 

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  「学校」での「人間関係」に思い悩む心 

 

   電話をかけてきた年代別で一番多かったのは女子は「小学生」、男子は「中学生以上18歳まで」からの電話。主な相談内容は、子ども達が日常のうちで最も長い時間を過ごす『学校』での話題、特に『人間関係について』や『いじめ』、『性の悩み』が多い。 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆「うわべの友達関係」に疲れぎみ?の女子 

 

   電話の受け手によれば、「今の子ども達はコミュニケーション能力を磨く機会が少なく、上手く人間関係が結べなかったり、人間関係を会話で解決していくことができずに、いじめにもつながっていったりしているようだ」という。 

 

   「思春期の女の子の友達に関する悩みは深刻。うわべの関係づくりにつかれきっている様子が見える。」という声も。  

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆世間の「性情報」に翻弄され不安…男子 

 

   『学校』に次いで、性や恋愛・異性関係など『自分自身のこと』についての相談も、大きな割合を占めた。 

 

   「性の悩み」の半数以上は「男子」からの電話。思春期の男の子にとって「性」は大きな関心ごとだが、仲間同士であっても自分の性のことは話しにくい。世間に氾濫している性情報に翻弄され、自分に自信をなくして迷い悩んでいる、そんな様子が伝わってくるという。 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「誰かとつながりたい」…寂しい子ども達   

 

    その一方で、雑談が主の「ただ聞いていて欲しかった」「話し相手が欲しかった」、そんな電話も多いという。「チャイルドラインにはいろいろな電話がかかってくるけれど、共通しているのは“だれかとつながりたい”という人間本来の気持ち。子ども達はさみしいんだなぁと思う。」とある受け手は言う。 

 
 
 
 

     

 

  keitai_4.gif  

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  denwa_3.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  keitai_5.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  keitai_7.gif 

 
  ※【チャイルドライン】について⇒詳しくはこちら    過去記事は⇒こちら 
 

 
 

 
 
    

 

  ●ケータイ・ネットは味方?警察も、地域の味方!
               paso_1.gif 「少年サポートセンター」
 

 
 

      

                      
 

   

 

   

 

   

 

    bird_3.gif 

 

  bird_2.gif 


 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

     

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

     

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

             
 

  少年サポートセンター 

 

  青森警察署
    017-776-7676
 
  八戸警察署
    0178-22-7676
 
  弘前警察署
    0172-35-7676

   
 

 

  ヤングテレフォン
 
  0120-58-7867
  (こどもはなやむな)
 

 

 
  五所川原警察署
    0173-33-7676
 
  十和田警察署
    0176-25-7676
 
  むつ警察署
    0175-23-7867

月?金曜  
  8:30?17:00 
  (祝日・年末年始除くく)
 

 

 
  ●ヤングメール

  送信はこちら
  youngmail-587867*extra.ocn.ne.jp
 
  (スパム対策のため、@を*に変えてあります)
 
  24時間受付
  (1?2日後に
  メールで回答)
 

 
 

 
 
  bird_3.gif 

 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆学校に収まりきらない子どもをサポート   

 

   青森県警本部少年課。ここには少年非行、いじめの対策、犯罪被害など、少年非行防止と健全育成活動を行っている「少年サポートセンター」本部が設置されている。そこで少年サポートセンター所員でもある少年課の工藤由香利さん、山谷光寛さんに、携帯電話やインターネットが抱える課題について話を聞いた。 

 

   少年サポートセンターは、少年担当の少年補導職員(ジャンプメイト)が中心となって活動をしている。非行少年の補導をはじめ、地域のボランティアや学生ボランティアの協力を得ながら、非行少年や被害少年の継続的な立ち直り支援や居場所づくりの支援も行う。 

 

   また、保護者や少年本人から寄せられる「ヤングテレフォン」、「ヤングメール」への相談に対応をしたり、近年はインターネット上の匿名“掲示板”を利用した「ネットいじめ」の対応指導などにも関わる。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆ケータイ・ネットの特性やリスクを知ろう  

 

   携帯電話やパソコンにフィルタリング機能を設定することにより、違法・有害情報に触れる可能性は低くなる。しかし、子どもたちはフィルタリング機能を設定することを“拒む”傾向がある。 

 

  「ネットいじめ」と呼ばれる、「学校裏サイト」や「ブログ」での掲示板上の個人攻撃、誹謗中傷。「ネットいじめ」の被害者や加害者にならないためにも、フィルタリング機能の設定は“必要”である。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもが映しだす大人のモラル低下 

 

   「近年の傾向として、非行少年は減少傾向にありますが、一方で携帯電話の使い方を誤り、犯罪に巻き込まれる少年が増えています。」と山谷さん。 

 

   また、、依然多いのが「万引き」。携帯を使って見張り役とやり取りをするようなケースもある。 

 

   その陰で問題なのは、「たかが万引きくらい」「金を払えばいいんだろう」という親の姿勢、倫理観の低下がある。大人側の倫理観の低下が、思春期の子どもたちに映し出されている。 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「安心」のネット空間、「誤解」のネット交流 

 

   ネットは本来、家庭や学校、地域に持ち込めない問題を相談しあえる“プライベートで安心できる空間”として発展してきた。 

 

   しかしネットの特性として、軽い「悪口」のつもりで書き込まれる内容が“活字化”することで固定され、拡大し、憎悪感が持続しやすいことなどは、一般にあまり理解されていないという。 

 

   ネットやメールのもたらすリスクは「有害サイト」へのアクセスだけではない。ネットやメール上では、誰でも「本音」をさらけ出しやすい。しかしその一方で、情報の受け手に表情やニュアンスは伝わらず、双方の「誤解」も生まれやすい。
 
   山谷さんは言う。「思春期に入る前からの、早い時期からネチケット(インターネットり上のエチケット)やメディアリテラシーを身につけさせるための、しつけ・教育が必要だと思います」。
 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 

   

 
 

  ◆警察も、地域で子どもを見守る味方  

 

   思春期の子どもたちは、時に学校と家庭以外の場で問題に直面することもある。その時、親は身近に一人でも多くの“味方”を持つといいだろう。 

 

   少年サポートセンターは、県内を青森・弘前・八戸の3ブロックに分け、それぞれに支部を置く。 

 

   学校からの要望を受け、薬物乱用の防止やネット犯罪被害の予防、非行防止の講和を行い、意識啓発にも当たる。被害にあった子どもの支援には、心のケアの専門家が対応することも。非行少年の支援には、立ち直りのためにできることを考えていく。 

 

   「処罰ばかりではありません。時間をかけて、その少年に合ったケースバイケースの対応をしていく必要があります」と工藤さん。その少年や保護者に継続的に助言・指導・支援を行う。
 
 警察という場所に足を運ぶのは、誰でも少々緊張する。しかし各警察署の少年担当係や「少年サポートセンター」は、こうした学校に収まらない子どもたちに目を向け、いざという時サポートする、“頼りになる味方”であるということを心得たい。 

 
 
 
  ※【少年サポートセンター】について詳しくは
  ⇒
こちら (少年サポートセンターHP ピア・ナビ) 
 
 
 
 

  自分の声で居場所を創る chair.gif 「青森市こども議会」 

 
                      
 

   

 

   

                 
             
 

   

 
 
 
 

   ◆「青森市こども委員会」は、子どもの目線で青森市が住みよい街になるように企画し、立案する委員会。子どもの視点に立った子どもの為の取り組みを進めるために、子ども自身に関わる様々な市の取り組み(施策)などについて、子ども自身が考え、進めていくための委員会である。 

 

   市内に住所のある小学校5年生から高校生までの子どもたちが、子どもの意見反映や、ネットワークづくりについて、月に一回開かれる会議で話し合う。社会全体で、子ども自身の視点に立ち、子どもをすこやかに育むための総合的な計画として作られた「青森市子ども総合計画」に基づいて、「子どもの最善の利益の保証」を目的に、まず『子どもの権利条約』を広めることを念頭に始まった。 

 
 

    ◆その活動は平成20年度で4年目を迎える。1年目は、「子どもの権利条約」をもっと多くの人に知ってもらいたい!という想いから、子ども自身の手で啓発ポスターを制作。 

 

   2年目は「青森市をもっと好きになるために」というテーマで、子どもの権利に関するワークショップを行った。 

 

   「子ども自身が相談したい時にいつでも相談できる場が必要」「自分の住んでいる地区に、友達と気軽に集える場所が必要」「『子どもの権利条約』を知り、意見を深めるため、ホームルームなどで自由に話し合いができる時間が必要。」という3つの意見がまとまった。 

 
 

    ◆そして3年目の平成19年夏には、大規模なワークショップを開き、『子どもの考え、つなげよう!?青森市をもっと好きになるために?』と題して、小・中学校の一般生徒も参加し、「青森市をもっと好きになるために」をテーマに、4つの班に分かれて、市の関係者、大人たちと活発に意見交換をした。 

 

   その他「子どもの祭典」で浪岡地区のこどもたちと交流を楽しむなどした。 

 
 
 
 
             
 

   

 
  
beads_21.gif
 
               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもによる、子どものための、街づくり。 

 

   学校か、家庭、そして部活や塾・・・。子どもと大人の間で揺れ動く思春期の子どもたちだが、子どもたちが暮らす地域にそれ以外の“居場所”はあるだろうか。  

 

    青森市には、子ども達が、自分たちの目線で気付いたことや社会への疑問点を、話し合い、自分たちの声として “実社会”に問う場がある。 

 

    ある時は行政の各担当者。子ども自身が、子どもの目線で、子どもに関わる施策について話し合う。それを行うのが「子ども委員会」だ。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもの力で、できることをしていきたい 

 

   委員会は小学5年生から高校生までの上限25名で構成される。学校を通した推薦ではなく、興味を持った子ども達が自主的に応募してくると言う。 

 

    ある小学6年生の応募理由。「普段の生活でふと思ったことを大事に、悪いことばかりでなく良い点は向上させ、改善して欲しい点は改めてもらえるよう、 

 

    子どもができることをしていきたいと思う。(小6)」小学生でも、しっかり考えているものだ。 

 

 

  beads_21.gif 


 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

    ◆「子どもの権利条約」から始まった 

 

   もともとは、市の施策で「子どもの権利条約」を子ども自身が学び、使う場として考案された。 

 

    月一度の定例会で話し合われる内容は、街を歩く子どもたちの目線と本音そのものだ。 

 

   「通学路にタバコのポイ捨てがたくさんあって気になる。」「ある機関の受付けの職員の対応が悪い。」「街に子どもの居場所がない。あっても子どもが気軽に使いにくい。」など。 

 

     それらの議題は年に一度、大規模な「意見交換会」として、行政の担当者や一般参加者も含めた大きな話し合いの場に持ち込まれる。 

 

     「なるべく沢山の人たちに話を聴いてほしい。そのためならどこにでも行く。」臆すことない子ども達の姿勢と、縦横無尽に飛んでくる鋭い質問に応えるため、今年は各担当課の課長が話し合いの席に加わった。
 

 

 

  beads_21.gif 


 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「子どもがこんなに考えているとは…」 

 

     「子どもはスゴイ!こんなに子ども達がいろいろ考えているとは知らなかった。」これは参加した大人たちの感想。 

 

     大人は、話し合いの場で改めて、街で“共に生きている子ども”の声を知る。子ども達も、「街にゴミ箱を増やせばゴミが減るような、単純なことではない」という現実や、自分の住む地域のために大人たちが奮闘しているという事実を知る。 

 

     大人と同じテーブルについて、自分の住む社会の在り様を学ぶ。それからが子ども委員たちの、本当のスタートとなる。
 

 

 

  beads_21.gif 


 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆予算不要のアイデアぎっしり「子ども提案書」  

 

   「意見交換会」の場で聞いたことを元に、現地視察を行い、さらに対応可能と思われる改善点を考えるのだ。 

 

    本年度のテーマは『居場所(施設)』。小中学生にとっては家から自分の足で行ける、各地域ごとの“市民センター”にターゲットを絞る。実際に市民センターに足を運び、視察後の提案を文書にまとめて提出した。タイトルは『子ども達がもっと利用しやすい市民センターであるために』。 

 

    「市民なら誰でも利用できるはずのセンターなのに、実際は大人や高齢者が多く、子どもは利用しづらいのはなぜか。」「子どもに関する情報を子どもは知らされない。子ども対象の掲示スペースを確保して欲しい。」「館内案内図が見づらいところにあって、どこになにがあるのかわかりにくい。」など・・・。 

 

     どの提案も、多くの予算を必要としない。ちょっとした工夫、あるいは子どもの視点に立ち返るだけで、利用者である子どもたちの利便性も向上する。この取材時はセンター側の“返事待ち”の状況だったが、その回答や果たして如何に・・・。 

 
 

  beads_21.gif
   
 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆大人を超えて未来へ、思春期の子どもたち 

 

    実際に街に足を運び、目と心で感じた疑問を声にする。その声を、今住んでいる社会に伝わる形で伝える練習。これは生きた勉強。子ども達はなかなか止めたがらないという。身近な未来を、たった十数年後のこの地域を創るための。 

 

    子どもの権利条約を元にした、意見表明の舞台である「子ども委員会」。自分たちの居場所を自分たちで切り開こうとする思春期の子ども達には、大人へ向かい、大人を超えていこうとする、こんなに力強いパワーが眠っている。
 

 
 
 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_2.gif 

 

  h19-061.jpg 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_3.gif 
h19-101.jpg 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_1.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  h19-051.jpg 

 
 
  「青森市こども委員会」→詳しくはこちら 
 
   ■事務局:青森市こども支援センター

  青森市中央3丁目16?1  総合福祉センター2階
    TEL 017-721-2180
 
 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
  • -
  • -