子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

思春期のミカタ(3)「カラダの味方」

           
 

    2 ; 思春期の 「方」    

 
             
             

 

 

   2-2kuroma_3.gif カラダの味方            CONTENTS        

 

              

 

   underwear_1.gif 「ピアカウンセリングサークル・スマイル」 

   underwear_4.gif    「あおもり思春期研究会」 

 
 

 

 

 
    underwear_1.gif 
                   ピアカウンセリングサークル・スマイル  
 

 
                      
 

  woman_22.gif 

 

    

             
 

  ピアカウンセラーの役割」とは・・・ 

 

  カウンセリー(相談をする人)の問題を相手に代わって解決するのではなく、相手が自分の考えや気持ちを明らかにし、カウンセリー自身で解決策が見出せるよう支援することである。そこには、「人は、機会がいあれば自分自身の問題を解決する能力を持っている」という、ピアカウンセリングの基本前提がある。 

 

 
             
 

  ライフライン」とは… 

 

  人生設計。過去と未来を含めた人生の流れ。時間軸を横軸にとり、本人の成長段階に添って、誕生から未来に向けての個人的な人生計画(過去も含め)。ここでは、これを一枚の紙に書き出す作業により、その人自身の指針を確認するために使っている。 

 

 
 

   

             
 

   「ピアカウンセリング」とは・・・
 

 

   従来の指導型の健康教育に換わり、思春期にある人々自身が主体となり行動変容をもたらす健康教育・性教育の方法。 

 

 
 

   

 
 

 
 

               
             
 
 

  ◆学生による、生徒のための思春期教室
 

 

   「ピア(仲間)の不安や悩みを同じ目線で受け止め、寄り添って支えあっていこう。」県立保健大学のピアカウンセリングサークル・スマイルでは、依頼を受けて思春期講座を行っている。主に高校生を対象とした集団に対して、ピアエデュケーション(仲間とともに知識、スキルを共有しあうこと)スタイルの講座で、生徒からも非常に人気が高い。 

 

   

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆あなたもわたしも価値観は違う、
     だからあなたもわたしも宝物。
 
 講座の目的は「自分と相手を大切にする」こと。性について皆で楽しく語り、正しい知識を得る。エクササイズや劇、意見交換などのセッションを通じて、他の人の意見を聞き、他の人の考えを学ぶ。
 

 

   だからテーマは『あなたもわたしも宝物』。その意識を感じてもらうことが何よりの課題だ。 あなたも私も価値観は違い、多様だ。違いを理解しつつ、相手の性=生を大事にすることが、自分の性=生を大事にすることにもつながる。同世代の価値観を共感・共有することは、相手のこと、そして自分自身を大切にすることにもつながる。 

 

   お互いを大切にするためにはどうしたらいいのか。ピアカウンセラーは生徒と同じ目線で性=生について語り、ただ口で「大切に」と言うだけでなく、生徒自身にエクササイズや劇、ディスカッションを通じて、価値観の多様性を知り、性に関する知識を得て納得してもらうよう工夫している。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆「将来のイメージ」、家庭でもっと話し合って。

   例えばクラスを小グループに分け、自分の今後の『ライフライン(人生設計)』を書き出してもらう。
 

 

   「大学を出て、就職をして、結婚は…何才?出産は?」生徒にはまだ漠然とした遠い未来。でも自分の性、パートナーの性、性にからむ現実はいつでも彼らの中にある。性の問題は、「いのち」の、「自分の生き方」の問題でもある。 

 

   「将来についてのイメージを、持っていない子たちが多いのが気になります。」と話すのは、いくつもの講座を行ってきたスマイル代表の戸沼清美さん。将来助産師になる夢を追いながら、この活動を続けてきた。
 
   「ライフラインを考えるセッションでも、『子どもは要らない』とか、『子どもはできたらその時考える』とか…家庭の中で、性のことや自分を大切にすることについて、日頃から話し合ってもらえれば、と思います。」
 
 

 

   対象の生徒が今までの人生を振り返り、さらにこれからの人生を考えることで、自分はこんな人生を歩んでいきたいんだ!という想いを確認して欲しい。
 
   「お互いの未来や将来、夢を守るためには『自分と相手を大切にする』ことが必要だと、対象の生徒に感じてもらえるよう、“ピアっ子”(ピアカウンセラーのこと)も頑張ってます。」
 

 

 
 

  beads_21.gif  

               
             
 
 

 
  ◆思春期の子どもの味方は、思春期の先輩!

 スマイルの「ピア・カウンセリング」とは、親や教師に聞きにくい、性の疑問や悩み相談に“同年代”の仲間が知識、スキルを伝えることにより共有しながら、一緒に考えたり、感じたり、その生徒が自己決定するプロセスに寄り添って支えることだという。だが、こんな楽しい思春期教室なら、学生や生徒ならずとも、ぜひ体験してみたい。
 

 

   オファーがあれば、依頼に見合った様々なプログラムを用意して、県内各地に出向くことも可能だそうだ。ピアカウンセリングの思春期講座、スマイルへのお問い合わせは下記まで。 

 
 
 
 

  ピアカウンセリング
  サークル・スマイル

 

 
 

   青森県立保健大学内 あおもり思春期研究会事務局
  TEL:017-765-2056
  メール
 teensmile*auhw.ac.jp
  (スパム対策のため、@を*に変えてあります。) 

 

 
 

    underwear_4.gif
                          「あおもり思春期研究会」 

 
 

      

                          
               
             
 
 

  ◆あおもり思春期研究会、10代の電話相談
 
   あおもり思春期研究会では、祝日を除く毎週火曜日の5時から8時まで、10代の性と恋愛について、電話相談窓口を開設している(右記参照)。
 

 

   実際に寄せられる電話相談の内容は、主に「男子」からの「体の変化」についての相談が多いそうだ。 10代の子どもだけでなく、10代の子どもを持つ親からの相談も受付ける。 

 

   先に述べたピアカウンセリング講座の会場では、友人の手前か、あまり深刻な相談は寄せられないと言う。電話相談の件数もあまり多いとはいえないとか。しかし例えばデートDVや家庭内性的虐待、援助交際など、周囲に打ち明けにくい深刻な悩みを、信頼して相談できる中立的な場所として、この性の相談窓口はとても大事な存在だろう。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆偏った性情報を信じてしまう子ども達 
 
   「青森はわりと進んでいるんです。」と話すのは、あおもり思春期研究会の会長での平岡友良先生。
  青森県では全国的に早い段階から、医師会と教育委員会が連携し、『産婦人科校医』の設置と中・高校生対象の『思春期講座』とを進めてきた。かく言う平岡先生も、東青地区の産婦人科校医の一人だ。
 

 

   当初、思春期講座の主なテーマは「望まない妊娠の回避」や「性感染症の予防」など“問題対策型”の知識が中心だった。 

 

   しかし、現代の子ども達はメディア等を通じ、もっと幼い段階から、偏った性情報を入手して信じこんでしまう傾向にある。そこで、より深く正しい理解を促すように講義内容も変わってきたと言う。 

 

 
 

    beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  ◆信頼できるメディアと地域のネットワークを 

 

   今では、「性は“いのちの基”である」という根本的な概念から、「ピル服用についての知識」「AV(アダルトビデオ)の性観念は偏っている」といった具体的な事実まで、「性」の理解を幅広く伝えている。 

 

   平岡先生は言う。「仲間内でのピアカウンセリングも大事ですが、大人の中に“信頼できるメディア”が必要です」。 

 

   家庭でできる対応は?と問うと、「まずは地域の関係者と連携を取り合うことでしょうね」、と県内各地の産婦人科校医を紹介してくれた。〔※右記囲み参照〕性の問題に悩んだら、近くの校医を知って、相談してみるのも一つの手段だ。 

 


 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  ◆「思春期講座」を家庭で会話のきっかけに
 
   思春期研究会では、会員を主な対象に、定期的に話し合いの場を設けており、一般参加可能の「市民公開講座」も年に2度開いている。
 

 

   『思春期教室』と聞けば、親の世代は小学4年の頃、女子だけ別教室に呼ばれて、生理についての話を聞いたくらいではないだろうか。どこか面映いような後ろめたいような気持ちがしたっけ。 

 

   今の「思春期教室」は、時代に即してだいぶ趣が違って来ているようだ。小学生は「いのちの大切さ」を助産師から学び、中学生は「からだの変化」について保健師から、そして高校生は産婦人科校医や大学生と共に、“今”の自分と“未来”を繋げるものとして、互いの「性」を考え、認め合う。性は恥ずかしいものではなく、大切で、誇れるものだと。 

 

   思春期講座には実際に足を運べなくても、「今日の思春期講座、どんな話が出たの?」と子どもに聞いてみよう。家庭の中で、子どもの性や未来について、楽しく語り合う機会にしてみてはいかがだろう。 

 

 
 
 
                  
 

  「10代
  恋愛と性の電話相談」 
  毎火曜(祝日を除く)
  17時?20時
  017-765-4112 
 

 

 
 

  bear_1.gif  

             
 

  ●産婦人科学校医 
 
[東青]
  青森西高校
  あおもり協立病院
  017-762-5500
  平岡友良
 

 

  [西北]
  五所川原高校
  千歳産婦人科医院
  017-776-2893
  千歳 和哉
 

 

  [中南]
  弘前中央高校
  レディースクリニック・蓮尾
  0172-35-2110
  蓮尾 豊
 

 

  [上北]
  三沢商業高校
  八戸レディースクリニック
  0178-29-0322
  小坂 康美
 

 

  [下北]
  大湊高校
  むつ総合病院
  0175-22-2111
  小川 克弘
 

 

  [三八]
  八戸東高校

  苫米地レディースクリニック
0178-47-5651
  苫米地 怜
 

 
 

   

             
 

  その他の相談機関
 
  ●あおもり協立病院
  中高生向け
  携帯サイト
  ⇒こちら
 

 

   

 

  ●あおもり協立病院
  産婦人科メール相談k-sanfu*aomori-h-coop.com
  (スパム対策のため
  @を*に変えています)
 

 

 
 
 

  あおもり思春期研究会<事務局>  
   〒030-8505 青森市浜舘間瀬58?1
  青森県立保健大学 母子共同研究室内
   TEL:017-765-2056 
 

 
      

  あおもり思春期研究会 

 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
  • -
  • -