子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

ひとりじゃ子育てでっきこない(第1回) 《アトム共同保育園(大阪府)理事長 市原 悟子》

03.gif  f014.gif
 
            
 

        子育て大変!の理由 

 
 

 
  《その1 住環境の変化》 

 

  親が始めての子育てに不安を感じるのは、昔も今も同じだと思います
  しかし、昔は不安を感じたとき同居の姑や近所の経験者の
  アドバイスがあったので深い不安に陥らずに済みました。
  子育ても親だけでなく、他の人も共に
  育ててくれる環境でした。
  現在のように母親一人で子育てを
  している状況とは随分違っていたと思います。
 
 

 

  ill038.gif 

 

 
 
 

 

   

                
 

   

 
    
     ・子育てに関する不安がすぐ解消できる。
     ・共に育ててくれる人が身近にいる。
 
    この2点が現在子育て事情とまったく違います。
    現在はほとんど核家族で、またニュータウンや
    マンションという隣近所との付き合いの少ない
    住環境です。
 
    昔のように嫁姑、地縁、血縁のわずらわしさはない
    一方、昔はどこの地域にもいた世話をしてくれる
    先輩がほとんどいないのです。 
               
 
 
                 
             
 
 
 
  f020.gif 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
   
  《その2 家事労働が苦手な父、母》

 
 

 

   

              
             
               
 
 
 
 
 
 
 
  c_ga-bera_o.gif
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             
 
 
 

      現在の親世代は結婚して親元を離れるまで、男女共に
     衣食住など生活の基本にかかわるほとんどすべてが親任
     せだったと思います。
 
      食事づくり、洗濯、掃除などの家事、家計の心配もなく
     何か問題が起こっても親に泣きつけば親が解決してくれる。
     生活全般に責任をもつことなく過ごしてきた人が多いと思い
     ます。
      性別役割分担がはっきりしていた昔の女性は、小さい時
     から家族の労働力として家事の一端の責任を負わされ、
     日常的に家事をこなしていました。
      家事が苦手、器用にこなせない女性もいたと思いますが、
     幼少期から毎日行うことでできるようになったと思います。 
    
      
また家計を助けるために早くから親元を離れて自活して
     いた人は多かったと思います。
 
  hapi04.gif
      
      ところがいまは、幼少期はもちろん青年期になっても家事
     等の日常の身辺処理など何もしてこなかった人たちです。
      
      結婚して初めて親元を離れ、自分で家事をしないといけな
     い状況になるのです。二人での結婚生活を軌道にのせるま
     でには時間がかると思います。
     
      器用な人なら数ヶ月もすれば家事もできるようになるで
     しょうが、不器用で家事が不得手な人は、毎日がとても大
     変だと思います。
      その上、子どもが生まれると状況はもっと大変になると
     思います。家事と子育てに男性〈父親〉が参加せず、負担
     が女性〈母親〉だけにかぶれば、お手上げになるのは当た
     り前のことです。
 
                               clover.gif
 

 

 
 

 
 
  《その3 人間関係づくりがヘタな大人》


 

 

   

              
             
               
 
 
 
 
 
  042.gif
 
 
    042.gif
 
  042.gif
 
    042.gif
 
  042.gif
 
    042.gif
   
 
 
 
 
 
 
             
 
 
 

    

               
    「人間関係を面倒くさいと思う」
    「自分の親のようになりたくない」
    「他人は信用できない」
    「自分がキライ」
    「自分がよくわからない」と言い
    大人としての自分、親としての自
    分に自信をもてない人、人間関係
    での悩みを抱えている人が多く
    います。
 
    
 
  108.gif 

               
 
  001.gif 
    大人になるまでの、他人に安心できない人間関係の体験が影響していると思います。
    学校生活でイジメの体験(イジメをうけてい
  ても誰も助けてくれなかった。イジメをしていても真剣に叱ってくれる人がいなかった)をもつ人。
   受験競争のなかで他人は競争相手としか
  思えない人、他人との仲間意識や助け合い
  の体験がほとんどない人、人間関係につい
  ては良い思いより嫌な悪い思いだけを記憶
  に残す人たちが親世代になっているのです。
 

               020.gif
             
   親同士で悩みを語り合い、支えあえる関係になれたらいい、
  そんな友人が欲しいと望んでいるのに、自発的に関係を作るこ
  とは難しいようです。「自分から話しかけることはできないが声
  をかけてくれたらうれしい、是非声をかけて欲しい」との親の声
  をよく聞きます。
  親同士知り合う場をつくり、親同士をつなぐコーディネーターの
  役割を担う人が必要なのです。
 

 
 
 

 
 
  《その4 子どもを知らない》
  005.gif
 

 

   

                
  f012.gif       自分が子どもを生むまで赤ちゃんの世話などしたことがなく、
    赤ちゃんの成長の様子も知らなかったという親が多くいます。
     育児雑誌を参考にマニュアルどおりにしても、子どもは一人
    ひとり違うので雑誌に書かれているとおりにいかないことが
    ほとんどです。
     子育ては、子どもの様子を見ながら臨機応変に判断する
    ことが求められます。親がいかに頑張っても、思うように子
    どもは動いてくれません。
    子どもは自分の意思を通そうと一生懸命な存在なのですから。
 
 
 
 
  f024.gif 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ill038.gif
 
 

              
    毎日毎日が子どもとの戦いで叱ること
    の多さに落ち込み、こんなはずではな
    かったとの思いは多くの親が感じてい
    ることだと思います。
       
    出産前に描いていた
    〈優しい母とかわいいわが子〉
    という穏やかな生活など皆無です。
    「子育てが楽しめない」
    「子どもを憎らしく思う瞬間がある」
    「私のような育て方で子どもが
    まともに育つのか?」
    と不安と悩みは尽きません。
       
     
   
              108.gif
 
 
 
 
  03.gif
 
 
     子育ては学校での勉強の成果のように
     即座に結果はでません。
     公式を当てはめてれば正解が出る、
     知識を 覚える記憶力があれば満点の
     世界とは全く違います。
       
     答えがでないのですから、自分の判断で
     良いのかと不安になり
     「子育てがしんどい
      誰か変わりにやってよ」
      と叫びたくなる心境だと思います。
 

              
             
               
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
 
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
             
 
 
 

    
               実際の子どもがどのようなものか、どんな
          道筋で成長するのか知らない。
          なのに『子どもってこんなものだ』というイメージ
          思い込みが多いのだと思います。
             誰からどのような経緯で思い込まされたのか
          わからないこの思い込みは、とても強烈に
          子育て中の親を支配していると思います。
 
   頭の中の子どものイメージと
   実際の自分の子どもが違うと、
   この子はこれで良いの?
   私の育て方が良くないから?
   どうしたらいいの?と不安に
   なるのは当たり前です。
 
       001.gif      
 
           「最初の子育てのときは、何もかも分からなくて
       不安ばかりで しんどかった。
       2子、3子になるにつれ不安は少なくなり
       しんどさがましになった。
          3子でやっと子育ての楽しさを感じている。
       これまで何に対して不安だったのかと
       不思議に思うほど今は何も不安がなくなった。
       きっと子どものことが分かってきたからだと思う。」
       というある母親の発言からわかるように
          <子ども>というものの特徴を知らないが故の
       不安が大きいと 思います。
          <子ども>というものを知れば、子育ては随分楽に
       なるのです。
   
                    015.gif
 

 

            
 

    005.gif
                次回は、【子どもを知る】と題して年齢別の
            子どもの特性について、ご紹介いたします。
        005.gif
       

 
         line1140.gif
 
   紹介.jpg
 
              
 

   アトム共同保育園は「保護者と保育者(保育士・職員)、そして保護者同士がお互いを支え合う“子育てなかま”になって共に子どもを育てていく」という特色のある運営をしている保育園です。
  市原先生はその保育園の理事長として日々子どもたちとかかわり、御講演や著作などでも幅広くご活躍されております。 

 
 

 
 
 
    

 

 
  • -
  • -