子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

発達障害をお持ちの方をサポートしたい!(1)

発達障害をお持ちの方をサポートしたい               
 青森市内で 自閉症やADHD・LDなどの発達障害をお持ちの方やそのご家族に役立つグッズの販売やレンタルを行っている「FLY!BIRD」。その他にも育児、子育て支援関連の書籍や、小規模作業所や福祉作業所の製品も扱っている。
 ここの運営を行っている「発達障害サポート企画BIRD」は、
自閉症児のお母さん達が集まって、互いの悩みを相談しあううち、その必要性に駆られて立ち上げたもの。
「BIRD」代表の田中さんに、発達障害について、またBIRDを立ち上げた理由と想いについて伺った。   

bird_1.jpg

              

 わが息子は、発達障害の仲間の自閉症です。

 これまでに、息子とともにさまざまな医療機関や療育施設に通い、私自身も強く成長できました。

    親の会にも入会し、親仲間も増え、先輩お母さんの話を聞き、心強く思っています。 しかし、そんな中でも、やはり息子の将来は不安です。 障害を持つお子さんをお持ちの親御さんは皆さん同じでしょう。

  将来ちゃんと仕事に就けるのか?一人で生活できるのか?

 親亡き後、どのように暮らしていくのか?

   



その子にあった支援ツールの必要性              

 これまで、親の会の中での活動で個別課題作成サークル「ビーンズ」なるものをやっておりました。

 そこで、ほかの親御さんと一緒に子供達が理解しやすいような視覚的なスケジュールを作ってみたり、作業の手順書を作ってみたりしていました。いわゆる支援ツールというものです。

 なぜそのようなものが必要なのかは、以前の自閉症についての記事(過去記事へのリンクが開きます)をお読みいただけるとご理解いただけると思います。

 ですからここであえて発達障害や自閉症の特徴については書きません。
ただ、いわゆる普通のお子さんでも何か新しいことを教える時には、丁寧に優しく教えますよね。それと同じなんだということです。私たちもテレビで料理番組を見ながらレシピをメモしたり、カレンダーに予定を書き込みますよね。そこのところをもうちょっと詳しくしてあげるという感覚です。


作れないなら作ってあげる

              

 その活動を通じて思ったことは、見よう見まねでも器用に何でも作れる方がいる反面、作りたいけど何がわが子にあっているのか、または何からすればよいのか分からない、と悩んでいる方も多いということです。

  講座に参加し知識はあるが、実際にどうすれば良いかはやはりその子その子でちがいますからね。
そこで思ったのが、作れない人のために作ってあげようと。

 また、以前から仕事上ネットの世界は、比較的明るい方なので、調べ物はすぐにネットでという感じでしたが、意外にあまりネットを活用されていない方も多く、世の中にはとても便利なものがあるのに、存在自体を知らなかったりともったいないなとも思っていました。

  では、支援機器も販売しようと思い立ったわけです。

続きを読む >>
来月の更新をお楽しみに。



written by 発達障害サポート企画「BIRD」  代表 田中 なつみ

→ サポートショップ「FLY!BIRD」 http://shop.fbird.jp


  • -
  • -