子育て(得)情報

助産師によるいのちのお話出前講座

 「(社)日本助産師会青森県支部 性教育プロジェクトあかり」が、県内の小学校で開いている「助産師によるいのちのお話出前講座」。
小学校4年生を(希望により5・6年生も)対象に性や妊娠・出産の知識を正しく伝え、知ってもらうことで、いのちの尊さを理解してもらおうという取り組みです。
 親子間だとなかなかうまく伝えられない、男女の体の違いや、いのちの誕生などを、手作りの教材や劇でわかりやすく説明してくれます。
 例えば、命のはじまり「受精卵」について。折紙の真ん中に針で穴を開け、光に透かして見る。
「これがあなたたち一人一人の最初の大きさなんですよ。」
 そして大豆を一粒手に取り、「これがあなたたちのいのちがはじまって、7週間目の大きさです。」
子どもたちは驚きの声をあげます。
 人形などを使って妊娠中の胎児の様子や、お母さんの体の変化を学び、実際に妊婦さんの協力を頂いて胎児の心音などを聞かせてもらいます。 
 最後に、子供たちが胎児役になり、子宮の模型に入って「模擬出産」を体験します。
子どもたちが胎児役ですから、子宮の模型もそれなりの大きさがあります。
でもそこから出てくる(生まれてくる)のは、「模擬出産」でも大変なことです。
見守っている児童たちも、いつの間にか大きな声で「胎児」に声援を送っていることもあるとか。
そして「この世界に生まれてきたこと」を、みんなで喜び合うのです。

  st01_l1.gif

生きてるだけで100点満点

子供達に伝えたいことがあります
いのちの尊さ、誕生の感動・・・
生まれてきたことを
心のそこからすばらしいと感じることが出来る心に

「いのちのお話出前講座」を届けてくれる、助産師さんたちからのメッセージです。


st01_l1.gif

助産師によるいのちのお話出前講座をうけた子どもたちの感想

 いのちのお話を聞いて、「産んでくれてありがとう」と思い、うれしい気持ちになりました。

       
p035lis.gif      
          

 少し怖いお話でした。でもとても大事なお話でした。

a025cut.gif

 へその緒の中にある血管の音は、なわとびをとんでいるみたいなひゅんひゅんという音でびっくりしました。

c009cut.gif

 お母さんがふんばって産んでくれて、とても大変そうに見えました。でも、うれしかったです。一生懸命に生んでくれて。

       
       
p036lis.gif   

 「今、お隣にいる友達もみんないのちがあって生まれてきたんだよ」というお話が一番感動しました。

保護者の感想

 親子で一緒に受けることで、どんなことを学んだのかわかり、親として今後の対応に役立つと思います。

st02_i5.gif

 いのちの大切さに気がついて、長くその思いを持ち続けてくれればと思う。

st02_i4.gif

 赤ちゃん(人形)を抱っこさせてもらい、とても懐かしく生んだ頃の気持ちがよみがえってきました。

st02_i4.gif


 いのちのお話を聞いて、きっと子どもたちの心の中には、いのちの神秘や「私にも大切ないのちがあって、お友達にも大切ないのちがある。大人も子どもも赤ちゃんも、男の人も女の人もみんないのちがあって、大切じゃないいのちは、ひとつも無い。」と、いのちの大切さ、尊さが強く残ったのではないでしょうか。
 お母さん方にとっては、女性の一生の中で、とても大きな意味を持つ妊娠・出産の経験を振り返り、個人差はあるものの、喜び・驚き・苦しみ・悲しみ・・・色々な思いの中でその“時”を乗り越えてきたことなどを思い出されたのではないでしょうか・・・。
 「初めて我が子を胸に抱いたときの『生まれてきてくれてありがとう!ずっと、あなたに会いたかったのよ!』と、いつの間にか忘れかけていた、我が子へ、そしていのちへの感謝や感動の気持ちを思い出しました。」というお母さんも多いとか。 

 
 「生きてるだけで100点満点」。大人も子どもも、お互いのいのち、お互いの違いを認め合い、生きていることに感謝していけたらいいですね。

st01_l1.gif

DSCN0521.JPG

 (社)日本助産師会青森県支部
    性教育プロジェクト“あかり”
     リーダー 松江喜美代さん
“あかり”のリーダーとして、県内の小学生、母親等にいのちのお話を届けるとともに、“マンマケアまつえ助産院”で母乳育児をはじめ、お母さんと赤ちゃん、子どもたちが心も身体も豊に成長できるお手伝いをしています。



st01_l1.gif

いのちの大切さをつたえる絵本

「生まれてきてくれてありがとう」 作:鈴木せい子 絵:立花千栄子

DSCN0515.JPG
生まれてきてくれてありがとう 表紙

いのちに寄り添う助産師として伝えたいこと

 かけがえのない“いのち”の大切さと重みを、少しでも子どもたちの心に刻み込んでほしい。もう一度親と子の関係を見つめ直すきかっけになってほしい。この世に生を受けた“いのち”が、みんな、みんな幸せになってほしい。そんな願いを絵本にしました。
 「生まれてきてよかった、生きていてよかった」と思えるよう“いのち”をしっかりと守り、人間らしく輝かせる営みこそ子育ての基本です。
 
 内面の育ちこそ本当の生きる力をつけてくれます。「あなたは我が家の宝物、生きているだけで百点満点」だということを伝えながら、心に栄養を注ぎこんでいただければと願っています。  
 子どもたちや親自身の内面の育ちへの気づきををうながす上で、本書が少しでもおお役に立てれば幸いです。子どもから大人まで読んでいただける絵本だと思います。
  ~生まれてきてくれてありがとう あとがき(抜粋)~

生まれてきてくれてありがとう・助産師によるいのちのお話出前講座へのお問い合せ先

マンマケアまつえ助産院 TEL 017-743-9550
st01_l1.gif

レディースサポートほほえみ  TEL/FAX 017-742-3535
月曜日~金曜日 10時~16時

日本助産師会青森県支部が主催する、無料電話相談です。

p035lis.gif育児のことが心配、自身がない・・・
p035lis.gifもっと母乳が出るようにしたい
p035lis.gifなかなか妊娠しない、不妊症なの?
p035lis.gif更年期ってどう過ごしたらいいの? 
p035lis.gif赤ちゃんをお風呂に入れて欲しい  などなど・・・                

女性の心とからだのご相談を、助産師がうかがいます。
    一人で悩まないで一緒に考えてみましょう。


  st01_l1.gif

  • -
  • -