第6話 家庭でもできる体験活動って

先生、こんにちは。

ミホさん。今日もどこかにおでかけ?

はい。今日はユイと一緒に親子プログラミング教室に参加します。

確か、先週はリトミック教室でしたよね。いろいろ参加しているのね。

ええ、この前テレビで『子どもの成長には体験活動が大事』という番組を見たので。これから料理教室やクリスマスリースづくりにも参加しようかな~と。

そんなに参加していて大丈夫?

ユイはいつも楽しいって言って参加してますよ。

いえいえ、ユイちゃんじゃなくて。ミホさん、あなたがですよ。

私ですか?

毎週毎週出かけているみたいで、疲れが溜まっているように見えますよ。「体験活動」はどこかに行って活動することだけではないんですよ。普段の生活の中で親子一緒に過ごす何気ない時間も体験活動なんですよ。例えば、家族みんなでクリスマスケーキ作りはどう?ちょっとくらい見た目が悪くたって、家族で作ったということがユイちゃんの情操を育てて、家族の絆も深まって、とてもいい体験になりますよ。

そうなんですね。何のために体験活動をするかが大切なんですね。

そうなの。体験活動をさせて何を身につけさせたいかなのよ。もちろん遠くに出かけたり、体験教室に参加することもいいけど、家の中でも十分できるのよ。

わかりました、先生!

もちろん、ユイちゃん、ミホさんともに無理がないようにね。

 

ワンポイント情報

幼児の遊びとは

幼児は保護者や家族のもとから、だんだん友だちや他の大人たちがいる社会で活動するようになります。しかし、幼児にとって家庭は、依然として、活動の出発点や終着点であり、とても重要です。幼児は遊ぶことを通じて、いろいろなことを学んでいます。

 

例えば、お絵かきをする時、消しゴムをなくした友だちのことをかわいそうに思い、それをきっかけに自分から貸すようになったとします。これは友だちとのかかわり方や思いやる気持ちを自覚し、行動したからです。幼稚園の先生はこの自覚と行動を状況に合わせながら促す役割を果たしています。

 

このように、成長してからの学びと幼児期の学びはスタイルが違う面があり、幼児はどんな場面でも「学ぶ」ことができるのです。また、大人が忘れてしまった発想や繊細さを豊かに持っていて、まだまだうまく表現できないだけかもしれません。そんな幼児のありのままの姿を、遊びを通じて知ることができます。

 

文部科学省 幼児とともに心をはぐくむキャンペーン 幼児と遊ぼう・学ぼうより

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youji/asobou/main_3.htm

 

さらに詳しく知りたい方は、次のサイトにGO!!

 

 

みなさんの声をお聞かせください